2007年09月23日

ネットカフェ難民

ネットカフェ難民という言葉は最近登場したものです。

そのネットカフェ難民という言葉が波紋を広げています。

厚労省が住居がなくネットカフェに寝泊りする不安定就労者を、ネッ

トカフェ難民と定義したことが発端です。

私たちは大切なお客さまを『難民』と呼びません。

これはネットネットカフェ業界の主張です。

ネットカフェ業界としては、難民という言葉とセッティングされたこ

とがイメージダウンになるわけで、厚労省が定義したネットカフェ難

民の文言に怒りを露にするのは、商売人として自然なことです。

どんな商売でもそうですが、まず女性客を集めることが、盛況への第

一歩です。

女性客が集まれば、自然と集客アップを見込むことができます。

ネットカフェが世の中にできる以前から難民はいました。

時代のニーズに合わせて、ネットカフェが24時間営業となったこと

から、難民がネットカフェに集まるようになったわけですよね。

わたしも何度か昼間のネットカフェに行ったことがありますけど、店

内はキレイですし、難民の集まる場所というイメージはありません。

ネットカフェ難民という言葉が適切か不適切かはわかりませんけど、

使い方で反発を買ってしまいました。



主婦でも起業

ネットカフェ業界 遠のく女性客…「難民」呼称に反発
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070923-00000054-san-soci
posted by 美人若妻 at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。